『やっぱ畳だろ!』

ヴィレヴァンがプロデュースしたコンセプトアパートメント、シャングリラハウス。
こちらのルームのコンセプトは、「和」だ。

(※写真はイメージです。)

さて、どこが「和」なのか?
それは扉を開けると一目りょう然。
上がりかまちから、市松畳が敷きつめられているのだ。

市松畳は仕切りのレールを超え、そのままリビングまで続いている。
アパートメントをここまでリフォームするとは、なんと大胆な!

ちなみに、この市松畳が実はフローリングだというから驚きだ。
どこまでテクノロジーは進化してるんだ!
なお、フローリングは2重張りしてあるそうで、畳の温かみさえ感じさせる。
ほぼ畳といっても差し支えない。

壁は、和のテイストを重視した温かみのある塗り壁風。
触るとほのかにざらつきがあって、すりすりしたくなる。
これもクロスだというから、凄いよなあ。

ヴィレヴァンのプロデュースということを考えると、「和」というのはなかなかの変化球だ。
しかし、自分的には大歓迎。
日本人なら、タタミ部屋はくつろぎ度数300%だからね。

ここのお楽しみは、ヴィレヴァンが用意したインテリアが最初から完備されていること。
遊び心満点で、しかも入居者のものになる。これだけでも入居の価値アリだ。

1つずつ簡単に紹介しよう。

まず、台座。
洋書を積み重ねたようなデザインで、「あ!本じゃない」と、騙される。
小物を置いたり、自分で座ったりもできる。

次に、ミニチュアの弥勒菩薩像。
台座に載せると、和風というかエスニックというか。
小さくてもずっしりとした重量感を感じさせる。

アンティークな雰囲気を醸すルームランプ。
菩薩像の横に置くと、夜はエキゾチックなラウンジ風に変身する。

掛け時計の横には、さり気なく般若と天狗のミニチュアお面が…。
ちなみに掛け時計はオーソドックスな針時計。
このアンバランスの妙が、ヴィレヴァン的というか…。

そして極めつけなのが、お茶碗と湯呑みの食器セット。
日本人なら誰もが知っている某お茶漬け会社のカラーリングで「こんな食器、売ってるの?」と、驚かされる。
でも、このお茶碗はお茶漬け専用になるかも…?(笑)

こんなユニークで高感度なインテリアに囲まれた和空間。他にはないよね。
一人暮らしなら申し分ない広さのワンルーム。キッチンも冷蔵庫も最初から付いているから、便利だ。

たまにはテレビも音楽もつけず、静かな中でお香の一つでも焚こうかな。
そして、熱めのお茶で一服しよう。

畳(風のフローリング)の上でゴロゴロして、思いっきり背伸び。ああ、シ・ア・ワ・セだ!

どう?ヴィレヴァンプロデュースの和ルーム。日本人なら、住んでみたいよね。

エリアから探す
沿線から探す