『やっぱり、ニューヨークライフ!』

ヴィレッジ不動産プロデュースの、
このルームのコンセプトはズバリ「ニューヨーク」だ。

イメージは、ニューヨークのロフト・アパートメント。屋根裏部屋としてのロフトだ。
かつて工場や倉庫として使われていた建物を改造した集合住宅としてのロフト。
アーティストがアトリエ兼住居として居住しているアパートメントだ。
NYマンハッタンでいうと、ソーホーや、元々倉庫街だったトライベッカや、
ダンボにある一室のようなイメージ。

アーティストが、ピッカピカの新築物件に住むなんて、ちょっぴりダサい。
歴史に根ざした街で、自分で改造した部屋とか、ヴィンテージ物件とかに住むのがカッコいい。

しかも、出来るだけ安い資材を買ってきて、世界にたった一つのオリジナル家具作りをしちゃうなんてどう!?
ちょっとした収納だけじゃなくて、壁一面の本棚を作ってみるのも良い。
お気に入りの色のペンキも買ってきて、もうDIYの達人だ!!

手がかかった部屋ほど喜びも違う。
ハコには無限の可能性があるのだ!

ということで、作りました!
「やっぱり、ニューヨークライフ!」の部屋はこちら!!

▲アートなパネルがいかしてる!

▲THE BAKETSU!

▲ネイティブアメリカンな雰囲気漂うラグマット!

まるでニューヨークの一員になった気分で住んでみてはどう??
賃貸って、無限の可能性があるんだよ!!